SEOにおける新たな領域。あなたのアプリを見つけてもらおう。

最終更新日:2024/02/16

ブログ

以前からその重要性は叫ばれていましたが、今年に入ってからは特に、モバイルとアプリに関する話題が多くなってきたと感じています。SEOが検索に伴う技術であるならば、新たな検索場所(モバイル)と検索対象(アプリ)は確実に考慮すべきでしょう。多くの方がすでに認識されていることだとは思いますが、”そもそもなぜ重要なのか?”が上手くまとめられた記事となっています。– SEO Japan

かつて、検索エンジン最適化(SEO)といえば、その全てがWebページを対象とするものであった。しかしながら、当ブログのコラムニストであるジャネット・ドリスコール氏が指摘する通り、事態は大きく変わっている。モバイルの成長とともに、SEOの領域はアプリをインデックスさせる役割も含むようになったのである。

apps-mobile-smartphone-ss-1920

ついにこの時が訪れた。モバイルの時代がやって来たのだ!Google検索の多くは、デスクトップではなく、モバイルで行われるようになり、SEO担当者は、対象をモバイルにも拡大しなければならなくなった。ただし、Webサイトをモバイルフレンドリー化すれば、それで済むような話でもない。Webサイトのみならず、モバイルアプリも考慮に入れなければならない。

SMX West 2015で、ジャスティン・ブリッグス氏は、構造化データについてのプレゼンテーションを行い、SEOの未来に対する奥深い見解を語っていた。彼は、ユーザーのニーズを把握するために検索エンジンが獲得しなければならない知識についての説明を行い、それに関するデータを披露した。さらに、構造化データとモバイルアプリケーションを結びつけるために必要な作業についての説明も行っている。こうした動きは、Google Now On Tap“micro-moments”のメッセージからも、Googleがこの方向に進んでいることを読み取ることができる。

もちろん、すべての会社がモバイルサイトとモバイルアプリを用意しているわけではない。しかし、Criteo社が実施した最新の調査によると、小売業界と旅行業界においては、モバイルサイトよりも、モバイルアプリの方がコンバージョン率が高いという事実もある。

mobile retail conversion rates app desktop criteo

モバイルでのコンバージョンにおいてアプリがどれほど重要な役割を担っていたとしても、ウェブサイトと同様に、アプリを見つけてもらえなければダウンロードしてもらうこともできない。その結果、コンバージョンにも貢献することもない。ここで登場するのが、SEOの新たな領域とも言える、アプリの発見性を高める取り組みである。

Google Playストアは、2015年2月の時点で、140万点以上のアプリを提供しているようだ。これほど多くのアプリが存在するなかで、どのようにあなたのアプリを見つけてもらうのだろうか?

アプリを宣伝する手段は、広告、アプリストア用の最適化、自身のWebサイトに掲載するなど、多数存在する。しかし、Googleは、オーガニックにモバイルアプリを見つけてもらいやすくする新たな手段を追加している。SEOの取り組みを実施しているなら、総合的な最適化のプロセスにおいて、是非ともこの新たな手段を検討するべきである。

Google モバイル検索でのアプリ

モバイルアプリは、以前からGoogleのモバイル検索結果に表示されていたが、モバイルデバイスに既にインストールされているアプリのみが対象であった。

しかし、検索クエリと関連する場合は、モバイルの自然検索結果に新しいアプリのインストールを提案する表示も含まれるようになると、Googleが発表している。つまり、アプリ内のコンテンツが、従来のウェブページと同じように、自然検索を介して見つけてもらえるようになり、新しいユーザーにアプリのダウンロードとコンテンツの利用を促すことができるようになったのである。

Google Now On Tap

2015年5月に行われたGoogle I/Oにて、Googleは、Google Now On Tapの告知を行った。Now On Tapは、AndroidデバイスのGoogle Nowをパワーアップさせたものであり、ホームボタンをホールドするだけで、スマートフォンでどんな機能を利用していても、”その瞬間に”助けてもらえるサービスだ。Googleは、次のようにNow On Tapを説明している。

例えば、新作映画のトゥモローランドを見に行かないかとEメールで友達から誘われた場合、そのEメールアプリを閉じることなく、Google Nowを呼び出し、その映画に対する評価を確認したり、予告編を見たり、チケットを購入することが可能です。その後、即座に今まで実施していたタスクに戻ることができます。

Google Now On Tapは、ディープリンクの設定が有効になっているアプリで動き、今年の後半に発表される予定のAndroid MのOSと共にローンチされる。Google Now On Tapは、ユーザーのデバイスに既にインストールされているアプリに加え、まだインストールされていないアプリに対して、さらなるビジビリティや露出の面で、大きなチャンスをもたらす。さらに言えば、通常のアプリストアとモバイルの検索結果以外における発見性を高めることになる。

App Indexingにより、あなたのアプリの発見性を高める。

アプリをGoogle Now On Tapやモバイルの自然な検索結果に表示させたい場合、App Indexingを実装しなければならない。App Indexingを実装することにより、検索エンジンのクローラーが、ディープリンクを介してアプリのコンテンツをインデックスすることが可能になる(App Indexingを実装するには、アプリのコンテンツに対応するウェブページを用意する必要がある)。

現在、App Indexingは、Androidのアプリを対象としているが、同時にGoogleは一部のiOSアプリに対するテストを開始している(Googleは、このテクノロジーをできるだけ早い段階で公開することを目指しているが、iOSアプリの開発者には一足先にこの技術を利用する特権が与えられている)。当然ながら、Google NowはAndroidのスマートフォンでのみ稼働する。

つまり、SEOを生業としているものの、このテクノロジーをまだ活用していないのであれば、アプリの発見性をタスクの一部に盛り込むことを検討してみるとよいだろう。SEOはウェブサイト限定の取り組みではなく、データの置き場所がウェブサイト内であれ、モバイルアプリ内であれ、ビジビリティを高めるため、より包括的なアプローチを考慮するべき時代に差し掛かっているのだ。

この記事の中で述べられている意見はゲストライターの意見であり、必ずしもサーチ・エンジン・ランドを代表しているわけではない。

この記事は、Search Engine Landに掲載された「The Emerging Role Of SEO In App Discoverability」を翻訳した内容です。

記事中にも触れられている通り、全てのWebサイトがアプリを必要としているわけではありません。そのため、対象者という意味では限定的な取り組みとなってしまいますが、アプリが生命線とも言えるサービスもあるわけで、注目度は高いと言えます。アプリの表示に限らず、Twitterやその他の表示も含まれているため、Googleがいかに最適な検索結果を提供するか、改めてその部分が注目されると感じています。

記事キーワード

  • Facebook
  • X
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE
  • URLをコピー
    URLをコピーしました!

編集者情報

  • X
  • Facebook

アイオイクス SEO Japan編集部

2002年設立から、20年以上に渡りSEOサービスを展開。支援会社は延べ2,000社を超える。SEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社。日本初のSEO情報サイトであるSEO Japanを通じて、日本におけるSEOの普及に大きく貢献。

メディアTOPに戻る

RECRUIT

一緒に働く人が大事な今の時代だからこそ、実力のある会社で力をつけてほしい。
自分を成長させたい人、新しいチャレンジが好きな人は、いつでも歓迎します。