Google & Bing、10月に過去最高の検索シェアを獲得

最終更新日:2024/02/18

ブログ

ちょっと気になった米国の検索シェアに関するニュースを。あの二大検索エンジンのGoogleとBingがそれぞれ過去最高の検索シェアを10月達成したという、寡占化が進む現状、そしてスマホ検索の伸びについて。 — SEO Japan

2012年10月、グーグルとビングはともに過去最高の検索マーケットのシェアを米国で獲得した。また、全体的なデスクトップの検索アクティビティも先月よりも8%高まっていた。

これは、comScoreが2012年10月に行った検索アクティビティ/ランキングレポートに掲載されているスタッツである。

グーグルのマーケットシェアは9月の66.7%から66.9%へ0.2%上がっていた。一方、ビングは0.1%シェアを増やし、16%に達した。comScoreのレポートでは、10月の両社のマーケットシェアはこれまでで最も高いスタッツになっている。ヤフー!は先月と変わらず、そして、アスクはシェアを減らしている。

comscore-october2012

デスクトップの検索アクティビティは、過去数ヶ月間は落ち込んでいたが、10月に入って大幅に増加していた。

comScoreは、10月には約176億回のデスクトップ検索が行われ、9月から8%増加したと推測している。

comscore-searchesoct2012

しかし、184億回を記録した2012年3月には及ばない。これは、以前説明したように、カテゴリーによっては検索全体の20-30%を占めるモバイル検索が増加していることを示唆している。


この記事は、Search Engine Landに掲載された「Google & Bing Hit All-Time Highs As Desktop Search Activity」を翻訳した内容です。

米国の状況把握に最適なニュースでした。Askはどこへ行く、、、という疑問はさておき、米国でもスマホが伸びているんですね。 — SEO Japan [G+]

記事キーワード

  • Facebook
  • X
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE
  • URLをコピー
    URLをコピーしました!

編集者情報

  • X
  • Facebook

アイオイクス SEO Japan編集部

2002年設立から、20年以上に渡りSEOサービスを展開。支援会社は延べ2,000社を超える。SEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社。日本初のSEO情報サイトであるSEO Japanを通じて、日本におけるSEOの普及に大きく貢献。

メディアTOPに戻る

RECRUIT

一緒に働く人が大事な今の時代だからこそ、実力のある会社で力をつけてほしい。
自分を成長させたい人、新しいチャレンジが好きな人は、いつでも歓迎します。