検索エンジンのランキングを改善する6つの上級SEO戦略

最終更新日:2024/02/17

ブログ

先日、シリアルアントレプレナーのニール・パテルによりGoogleのPageRankに関する総まとめ的な記事を紹介しましたが、今回は引き続きパテルによる、SEOに関する総まとめ的記事を。自らウェブサービスを運営し、SEOを駆使して効率的に集客・顧客を増やし続けている筆者が語る、まさに実践的なSEOの運用に関する貴重なアドバイスです。 — SEO Japan


Googleはインターネット上で最もポピュラーな検索サイトだ。だから、あなたのビジネスがオフラインであるにしろオンラインであるにしろ、あなたの会社が検索結果のトップに現れることは大切である。もしそうでなければ、あなたは可能性のある収益を多く逃していることになるだろう。

もしあなたが、自分のウェブサイトを検索エンジンのトップに表示させる方法を知らないなら、このブログ記事を読む前にSEOの初心者ガイドを読むことをお勧めする。しかし、もしあなたがSEOを熟知しているなら、あなたのランキングを上げるための6つの上級戦略を紹介しよう。

戦略その1: 速度を落とすことを恐れるな

ここ1年で私は1つのトレンドに気が付いている:ウェブサイトにあまりにも早くリンクを構築すると、上位表示されないのだ。しかし、毎月、一握りのリッチアンカーテキストリンクを構築すると、ランキングが急上昇し始めるのだ。

だから、リンク構築における私の戦略は、一番競争率の高い用語であっても、5~10のリッチアンカーテキストリンクを構築するだけだ。そして、それらのリンクのうち2~4つが、上位表示しようとしているアンカーテキストを含んでおり、その他はその用語のバリエーションを含んでいる。

それに加え、通常私は5,6ヵ月後には主要な用語に対するリンク構築の速度を落とすかストップする。リッチアンカーテキストの構築を継続しない場合に、次第に順位が自然と上がり始めることに気がついたからだ。

リンク数が早いペースで増えると不自然に見えるため、リンク構築のポイントは、我慢強くなることだ。あなたの競合相手が100個、いや、100万個のリンクを持っていたとしても関係ない。あなたはゆっくりと構築する必要があるのだ。

戦略その2: ソーシャルの利用

ソーシャルメディアには2つの主な側面がある。1つ目はこれらのソーシャルサイト上にあるあなたのプロフィールで、2つ目はあなたがどれくらい頻繁にウェブ上で自分のウェブサイトについて触れることができるかだ。

Googleのような検索エンジンは、ソーシャルサイトへの投票を考慮に入れ始めている。現在、Googleウェブマスターツールでは、どれくらいの人が自分のウェブサイトに+1の投票をしたのかや、それがどれくらい自分のトラフィックに影響しているかを見ることができる。

つまり、もしあなたがソーシャルウェブ上でうまくやりたいのなら、以下のことをする必要があるということだ:

  1. 自分のプロフィールを築く – FacebookTwitterGoogle+に強力なプロフィールを作成する。私がリンクした3つの記事が強力なソーシャルアカウントを築く方法を教えてくれるはずだ。
  2. 自分のサイトを宣伝する – それがブログコンテンツであるにしろ、販売している製品にしろ、提供しているサービスにしろ、自分のウェブサイトにソーシャルメディアボタンを追加することだ。そして、ユーザーがそれらのボタンをクリックすることを促すのだ。それが長い目で見て検索エンジントラフィックに影響を与えることになる。

戦略その3: リンクの多様化

ブログロールのリンク、ホームページリンク、ブログ記事からのリンク、ディレクトリリンク、教育機関からのリンク、フッターリンクなど、あなたが獲得できるリンクには様々な種類がある。SEO担当者は、これらのリンクをそれぞれ構築しようとするのではなく、これらのタイプのリンクのうちの1つを構築する傾向がある。

もしあなたが上位表示されたいなら、ディレクトリリンクのように1つのタイプのリンク構築手法にだけ集中することはできない。そうではなく、ブログ、ディレクトリ、時には他のサイトのトップページからリンクを獲得する必要がある。どんなリンク構築をしているにしても関連のあるリンクが大きな影響を与える傾向があるということを忘れないことだ。

例えば、Quick Sproutでは、様々なサイトからのリンクがある。例を挙げると、ニュースサイト人気ブログからのサイドバーリンクブログ記事内のリンク教育機関のサイトからのリンクがある。このサイトにやって来るリンクの多様性が助けとなって、Googleのような検索エンジンが月のトラフィックの50%以上を占めているのだ。

戦略その4: コンテンツは王様ではない、それが優れたコンテンツでなければ

私は、自分のブログ上のページの数を増やすことを期待して何百ページものユニークコンテンツを追加するというアプローチを試したことがある。このために私がとった方法の1つが、質疑応答のコミュニティを介することだった。

アイディア自体は悪くない。それは、Yahooをはじめとする多くの会社で機能していた。しかし、私がここで犯した過ちは、コミュニティをきちんと統制しなかったこととコンテンツを連動させ続けなかったことだ。

もし私が質疑応答コミュニティを介して優れたコンテンツを追加していたら、トラフィックは上昇していたことだろう。最初は上昇するのを目にしたが、私がコンテンツに手を抜き始めると、それは下がり始めた。(ここでの失敗は、質疑応答のコミュニティのせいではない。それを十分に機能させることができなかった私の責任である。)

自分のウェブサイトにより多くのコンテンツを追加することは、検索エンジンに好まれたいならば良いアイディアだ。しかし、二流の情報でコンテンツを満たすのではなく、それらのページがより多くの自然なリンクを獲得するように優れたコンテンツを追加しなければならない。

戦略その5: 倫理的なリンク購入

あなたが言おうとしていることは分かっている。リンクを購入することはひんしゅくを買う、ではないだろうか?確かにその通り、あなたは正しい。ウェブサイトに連絡してリンクを売ってくれるかどうか尋ねるようなことはしたくない。

しかし、あなたには、コンテンツにお金を費やし、そのコンテンツを無料で提供することができる。これの一番良い例がインフォグラフィックだ。優れたインフォグラフィックを500ドルで作成し、人気ブロガーにメールを送り、リンクをしてくれるなら無償でインフォグラフィックをコンテンツとして独占的に提供すると提案するのだ。

Guy KawasakiMashableのような人気ブログは、他の会社が作成したインフォグラフィクを投稿することに前向きだし、もしあなたがそういうサイトの1つからリンクを獲得するようなことがあれば、あなたはとてつもなく権威のあるリンクを獲得していることになる。

この戦略を用いる時には、どうでもいいコンテンツを作っても他の人がそれを選ぶことは期待できないということを理解しなければならない。もしあなたが優れた情報を作成して人気ブロガーにメールをすれば、そこには500ドルで高いページランクからのリンクを獲得できる極めて高いチャンスがあるのだ。

戦略その6: Googleはあなたの道筋を指し示すことができる

私の好きなリンク構築の方法は、Googleを活用することだ。例えば、私がラスベガスのサイトにリンクを構築しようとしているなら、私は“ラスベガス”について話題にしているウェブサイトでリンクページを持っているものを検索するだろう。

その場合に私が使用する検索コマンドはこうだ:intitle:”las vegas” inurl:”links”

それから私は、上の結果一覧に目を通して、各サイトオーナーに私のウェブサイトにリンクすることに興味があるかどうか尋ねるメールを送信するだろう。

これが退屈な作業のように聞こえることは分かっているが、ウェブサイトにリンクバックするようにメールしたウェブサイトのおよそ10~15%も獲得することはできない。そして、概して、私は通常、時給10ドルで大学生を雇って8時間で最低100通のメールを送信してもらう。

それはつまり、1つのリンクに6.67ドルから10ドルを支払うことを意味する。これはかなりのお買い得だ。

最後に

SEOは難しいことではない!あなたが創造力を働かせることを厭わない限り、どんな用語でも自分のビジネスをランクインさせることができる。既成概念にとらわれずに考えることを恐れないこと。そして、もっと重要なのは、競争率の高い用語で上位に表示され始めるには、数年とは言わないとしても数カ月かかることもあるということだ。

それに加えて、人気の用語で2ページ目に表示されても大したトラフィックにはならないため、1ページ目の上位に表示されるように努力すること。言いかえるなら、1ページ目の上位3位に入らなければ、違う用語を狙い始める必要があるということだ。

最後に、もしあなたが他にも高度なSEO戦略を持っていたら、コメント欄で自由に共有して欲しい。また、もし何か質問があるなら、コメント欄に書いてくれれば、私はそれに回答するように全力を尽くすつもりだ。


この記事は、Quick Sproutに掲載された「6 Advanced Ways to Improve Your Search Engine Rankings」を翻訳した内容です。

上級かどうかはともかく、極めて実践的な内容でしたし、何か特別なことが書いているわけではありませんが、ここに書いていることを本当にやり続けることができるかが重要ですよね。SEO業者にしろ、サイト運営者にしろ、口ではいうものに、実際に実践できているケースは意外と少なそうです。

「優れたコンテンツでなければコンテンツは王様ではない」というセリフはGoogleパンダ時代のSEOにもまさに納得の言葉でしょうか。リンク購入に関しても直接的な有料リンクではなくコンテンツにお金をかけるべきという話はよくありますが、それを他の人気サイトに無償で提供し、見返りとしてリンクを受け取るという手段は「なるほど!」と思ってしまいました。他にもアイデア次第でリンク獲得の手段は色々あると思いますし、この内容をヒントにまたSEOに地道に励んでいきたいと襟を正したくなる記事でした。 — SEO Japan

記事キーワード

  • Facebook
  • X
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE
  • URLをコピー
    URLをコピーしました!

編集者情報

  • X
  • Facebook

アイオイクス SEO Japan編集部

2002年設立から、20年以上に渡りSEOサービスを展開。支援会社は延べ2,000社を超える。SEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社。日本初のSEO情報サイトであるSEO Japanを通じて、日本におけるSEOの普及に大きく貢献。

メディアTOPに戻る

RECRUIT

一緒に働く人が大事な今の時代だからこそ、実力のある会社で力をつけてほしい。
自分を成長させたい人、新しいチャレンジが好きな人は、いつでも歓迎します。