ソーシャルメディア専門家は口だけの役立たずか?

最終更新日:2024/03/21

ブログ

【メールマガジンのご案内】

SEOに役立つ記事の更新やセミナーのご案内をメールマガジンで行っております。
ぜひご登録ください。

メールマガジンに登録する>>
新しいビジネスや市場が生まれると同時に登場するのが自称・他称含めたその分野の専門家。もちろんその質は人によって差があるわけですが、最近のトレンドといえばソーシャルメディア周りですよね。世界各地でソーシャルメディアのエキスパートを名乗る人たちが次々に誕生している最近ですが、今回はそんな状況に対する批判と思いきや建設的な記事を。 — SEO Japan

先月、Gary Vaynerchukは、いつもの彼の低く落ち着いた調子で、ソーシャルメディア専門家の99.5%が役立たずだと言った。

この発言は、「ソーシャルメディアのエキスパート」を名乗って生計を立てている人は“焼け死ぬ”べきだと言っている1人の著名なライターも巻き込んで、ソーシャルメディア専門家という職業を皆で非難する、まるで小学校の校庭で起こるイジメのような騒ぎを引き起こした。

中傷と辛らつな言葉は少し見ているのがつらい。でも、

Vaynerchukは、言うべきことを言っている。しかし、そのことが私を惹きつけたのではない。

私を惹きつけたのは、残りの0.5%になるために必要なものである。役立たずではないソーシャルメディア専門家とはどんな人達なのか?

始めに、その嫌われたタイトルについて話そう。

自分を“ソーシャルメディア専門家”と呼ぶのはバカなことなのか?

1つのレベルでは、もちろんそうだ。“ソーシャルメディア専門家”とは、“インターネット専門家”であることと同じようなものだ。それはあまりにも広すぎて、意味がない。

それにはたった1つ問題がある。ブログ戦略、コンテンツマーケティング、ソーシャルネットワ―キングでの存在感、リアルタイムPRで支援を必要とするビジネスは、通常それらの言葉を真の意味で理解できるほどの知識はない。

彼らは“ソーシャルメディア専門家”を探す。

あなたは、ソーシャルメディアの評論家を喜ばせ、自分のタグラインをもっと正確なものに変えることができる。もしくは、自分自身をソーシャルメディア専門家と呼ぶことによって顧客を見つけ、その実際の意味をクライアントに教育することができる。

私は個人的には、自分にお金を支払う人達を幸せにすることに賛成する。単なる思い付きだが。

ガラクタの方が多いというスタージョンの法則

大部分のグラフィックデザイナーはかなり酷い。そして大部分のSEOや、テレビ番組、レストラン、一般的な請負業者、PR専門家、ファイナンシャルアドバイザー、不動産代理店も・・・。どういうことか分かるだろう。

サイエンスフィクション作家のシオドア・スタージョンが作ったスタージョンの法則では、どんなものもその90%がガラクタだ。

そう、ビジネスもしくはソーシャルメディアについて何も知らないソーシャルメディア専門家をたくさん見つけるのは簡単なことなのだ。一体何でまたソーシャルメディアのコンサルタント業が成り立っているのか?

現状、優れたソーシャルメディアアドバイスへの需要がそれを提供できる関係者よりも多いのだ。需要が供給を上回る時には、スタージョンの法則が作用し始める。

企業は本当にソーシャルメディアについて助けを必要としているのか?

企業はソーシャルメディアについて助けを全く必要としないと考える人もいる。もし製品とカスタマーサービスが十分に良ければ、ソーシャルメディアはほっておけば何とかなるという考え方だ。

これは、もし自分のソーシャルメディアでの関係が十分に良ければ、売上げはほっておけば何とかなると考えるのと同じように考えが甘い。

(これはソニアの法則だ:ほっておいて何とかなるものはない。)

自分達の仕事はきちんとうまくやっているが、インターネットをベースにしたコミュニケーションツールを使うことには見事に下手くそな企業はごまんと存在する。

ウェブサイトの90%が悲惨だ。Facebookページの90%が悲惨だ。コンテンツマーケティングプログラムの90%が悲惨だ。ソーシャルメディアをベースにしたカスタマーサポートの90%が悲惨だ。

誰もソーシャルメディア専門家を必要としないと言うことは、誰もダイレクトメールの専門家やラジオ広告の専門家を必要としないと言うのと同じだ。それは、経験のなさを示すものだ。

実際、Gary Vaynerchuckは、99.5%のソーシャルメディア専門家が役立たずだとは言っていない。彼は、“自分のことをソーシャルメディア専門家だとか達人だとか触れ回っている人達の99.5%が役立たずだ”と言ったのだ。なぜなら、そういう人達はそもそもビジネスプロフェッショナルとして考えていないのだ。

企業は本物の専門家―ソーシャルメディアの活動規則を本当に理解し、それをビジネスの成功に転換する方法を知っている人―からの助けを必要としているのだ。

もしあなたが、マーケティングやお金を稼ぐことが性に合わないなら、企業のコンサルタントをしないこと。

ソーシャルメディア専門家がネガティブに思われる理由の1つが、あまりに多くのソーシャルメディアの批評家(善意のレミングの巨大な群れに続いた)がビジネスそのものを嫌悪することだ。彼らは、売上げはたくさんの友達を作る時に魔法のように現れるものだと考える。

優れたセールスパーソンなら誰でも、友達を作ることができるようになる必要があることをあなたに教えるだろう。関係をはぐくむことは、常にセールスに必要な一部分なのだ。

しかし、そこで終わりではないのだ。あなたは金額に見合う価値を示す必要があるし、あなたの製品は、顧客のために素晴らしいことをする必要あるし、あなたは購入をお願いしなければならない。

ソーシャルメディアでの関係は、確固たるマーケティング戦略に取って代わるわけではなく、それを増幅するものなのだ。別のことをあなたに言う人は、経験や証拠もなしにもったいぶって話しているのだ。

時に最高のマーケティングはマーケティングのように見えないことがある。それは、あるべき場所に信頼できる戦略がないという意味ではない。通常それは、絶対的に優れた戦略であることを示しているのだ。

0.5%の中に入る方法

企業には、ソーシャルメディアを理解するのを手助けできる賢い人が必要だ。それは、彼らがあなたのような人を必要としていることを意味する。

もしあなたがソーシャルメディアについて賢い知識があるなら、あなたが何の仕事をしているかは関係なく、あなたのサービスはここ1年の間により価値のあるものになったのだ。

では、もし企業がソーシャルメディアを使用する手助けをすることがあなたの仕事の一部であるなら、あなたが、実践力があってビジネス手腕があって役立たずではない0.5%に入っていることをどうやって確かめればいいのだろうか?

  • コンテンツマーケティングを理解している。ソーシャルメディアの親しみやすさは素晴らしいが、コンテンツはスケールし、それは1つの特定のプラットフォームに依存しない。
  • レスポンス力のあるコピーライティグを理解している … つまり、明確に定義された特定の行動を引き起こすライティングである。優れた見出しの書き方、コール・トゥ・アクション(行動喚起)の仕方、機能を恩恵に転換する方法を知っていること。ファンを客に変えるために必要なものを学ぶこと。
  • 自分のツールキットについて具体的である。 確かに、あなたはソーシャルメディア専門家の肩書きでクライアントに文字通りアプローチするかもしれないが、あなたはすぐに自分独自の特定の専門知識領域について彼らを教育するだろう。
  • 補足的な専門家達と協力関係にある。 もしあなたがFacebookとTwitterの忍者なら、ランディングページとSEOの優れたコピーライターや、クライシスプランがどんなものであるかを知っている賢いPRのプロと繋がっているはずだ。それら全てのやりかたをあなたが知っている必要はないが、クライアントが必要なものを全て簡単に手に入れることができるようにするべきである。
  • クライアントが必要なものを知っている。フォーチュン500、家族経営の店、ベンチャーキャピタルの支援を受けているスタートアップ、小規模のサービス業には、全て異なるニーズがあり、彼らの考え方は異なる。自分のクライアントが読んでいるブログやマガジンを読むのだ。あなたのクライアントのビジネスのやり方における専門家になるのだ。彼らが喉から手が出るほどに欲しいものを知り、それを与えるのだ。

スピードを上げる(そして保つ)ための最速の方法

もしあなたが、ある種の“ソーシャルメディア専門家”であるなら、自身の職業に対する非難に負けてはならない。不機嫌になることはビジネス戦略ではない。自分自身を教育することがビジネス戦略である。

上に挙げた何らかの点があなたの弱点であるなら、私達の20パートに分かれた指導書「賢い人のためのインターネットマーケティング」を手に入れて、スピードを上げよう。それが、ソーシャルメディアマーケティングを機能させるビジネスの基本原則と、新しいことや光り輝くことのバランスを取る方法を示してくれる。

この指導書は無料で、何度も使うことができるテクニックや戦略が詰まっていて、あなたの0.5%の中の1人にする最も効率的な方法である。

作者について: Sonia Simoneは、Copyblogger Mediaの共同設立者でありCMOである。彼女をツイッターでフォローして、あなたを0.5%の1人にしているものが何であるか彼女に教えよう。


この記事は、CopyBloggerに掲載された「Are Social Media “Experts” Worthless?」を翻訳した内容です。

最後は宣伝になっていましたが、中々に興味深い内容でしたね。確かに現状のソーシャルメディアマーケティング、そもそも「マーケティング」という言葉を使うこと自体が間違いだ、なんて人もいたりいますし、とにもかくにも顧客との関係性を中長期的に築いていくことが大事、お金儲けは二の次、という風潮があるのも事実ですし、結果的にそれが企業のソーシャルメディアへの進出を拒んでいる面もありますよね。ま、ソーシャルメディア専門家の人はコンサルやセミナーでお金を稼げているわけですから、企業がソーシャルメディアを活用する上でお金儲けを重要視する必要もないのかもしれませんが・・汗 しかし記事にあった「顧客との関係を築くことの重要性は営業でも同じ」という一文には確かになるほどと思う点もありますし、いずれにせよ今後様々な試行錯誤の中で進化を遂げていくのでしょうか。 — SEO Japan

記事キーワード

  • Facebook
  • X
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE
  • URLをコピー
    URLをコピーしました!

編集者情報

  • X
  • Facebook

アイオイクス SEO Japan編集部

2002年設立から、20年以上に渡りSEOサービスを展開。支援会社は延べ2,000社を超える。SEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社。日本初のSEO情報サイトであるSEO Japanを通じて、日本におけるSEOの普及に大きく貢献。

メディアTOPに戻る

RECRUIT

一緒に働く人が大事な今の時代だからこそ、実力のある会社で力をつけてほしい。
自分を成長させたい人、新しいチャレンジが好きな人は、いつでも歓迎します。