Webライティングとは?記事を作成するポイントや注意点を解説

最終更新日:2024/02/21

マーケティングガイド

【メールマガジンのご案内】

SEOに役立つ記事の更新やセミナーのご案内をメールマガジンで行っております。
ぜひご登録ください。

メールマガジンに登録する>>

Webマーケティングを行ううえで、Webライティングのスキルはとても重要です。ユーザーにとって魅力的なコンテンツを掲載するには、自社の商品・サービスを効果的にアピールする文章や、有益な情報を提供する必要があるからです。しかし、いざ文章を書こうとしても、なかなかうまく書けないという人も多いでしょう。そこで本記事では、Webライティングを行ううえでおさえておきたい重要ポイントや、注意点を解説します。

Webライティングとは?

Webライティングとは、インターネットで公開する文章を作成することです。ひとくちにWebライティングといってもさまざまな種類があるものの、基本的には次の2つを目的とする場合が多いでしょう。

  • ユーザーの疑問や悩みを解決する
  • 企業が顧客に発信したい情報を伝える

どちらか一方ではなく、両方を目的としてコンテンツを制作する場合もあります。

Webライティングで作成する記事の種類

Webライティングで扱う記事は、インターネット上に公開される文章全般です。その種類は実に多種多様で、時事ニュースから趣味のコラムまで多岐にわたる記事が該当します。今回は、Webライティングで作成する記事のなかから、代表的なものをいくつかピックアップしてご紹介します。自社の商品・サービスやユーザー属性に合わせて、最適なコンテンツを選択しましょう。

取材記事

取材記事とは、人物やイベントなどを取材して、インタビューやレポートの内容をまとめた記事のことです。対象が伝えたい情報や魅力をPRするのが主な役割であり、事実をわかりやすく端的に伝えることが大切です。

ニュース記事

ニュース記事は、取材内容をもとにしたもの(取材記事)と、取材をともなわないものとに分かれます。後者の場合は、すでに発表されているプレスリリース(報道発表)をもとに記事を作成する場合が多いでしょう。

コラム・エッセイ

コラム・エッセイとは、あるテーマに対して、個人の体験談や意見を述べる記事のことです。「恋愛コラム」や「暮らしのエッセイ」などさまざまなジャンルは多岐にわたり、個人が自分の考えや工夫を気軽に発信する記事もあれば、その分野のプロフェッショナルが専門的な知見を発信する記事もあります。

まとめ記事

まとめ記事とは、ある特定のテーマについて、読者にとって有益な情報を1ページにまとめたいわゆる「キュレーション記事」を指すのが一般的です。一方で、おすすめの商品・サービスをランキング形式でまとめた「アフィリエイト記事」をまとめ記事と呼ぶこともあります。まとめ記事とは別に個別記事を作成し、内部リンクでつなげた「トピッククラスター」に取り組むケースも見られます。

内部リンクとは?最適化が必要な理由や設置時のポイントなどを解説

SEO記事

SEO対策に特化した記事のことです。SEO(検索エンジン最適化)とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示されることを目的とした取り組みのこと。

SEO評価はWebページのコンテンツの質に大きく左右されるため、ライティングが占めるウエイトはとても重いものです。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、企業が自社で保有するサイト全般を指す言葉です。いわゆる公式サイトだけでなく、顧客に役立つ情報を発信するためのサイトなどを保有し、そこからの流入を狙う企業も増えています。

オウンドメディアを運営する意味やメリットとは?運営までのステップとポイント

ランディングページ

Webマーケティングにおけるランディングページは、商品やサービスの情報が詰まった縦長のページを指す場合が一般的です。

ランディングページは、インターネット上に掲載される記事のなかでもセールスライティングの要素がとくに強い傾向にあります。商品やサービスの魅力を端的に伝える必要があるため、コピーライティングのスキルも求められるでしょう。

ランディングページとは?作成するメリットや制作の流れを解説

WebライティングとSEOライティングの違い

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称です。Googleなどの検索エンジンで上位表示されることで、自社のWebサイトへの流入を増やすことを目的とした施策を指します。検索エンジンによるSEO評価はさまざまなポイントによって左右されますが、なかでも最も重要とされているのがコンテンツの質です。

SEOライティングとは、SEOを意識しながら、検索結果で上位を獲得するための高品質な文章を作成することを指します。SEOライティングはWebライティングの一種ですが、両者は記事を作成する目的が異なります。Webライティングの基本的な目的は、インターネット上に掲載する文章を作成し、ユーザーにとって有益な情報を伝えることです。日本語として読みやすい文章を作成し、情報を正確に伝えることが求められます。

一方、SEOライティングでは、記事としての完成度だけでなく、検索エンジンで上位表示されるための工夫も必要です。具体的には、競合サイトの分析、キーワードの出現数や位置、共起語の意識などが挙げられます。

SEOライティングでも、ユーザーにとって有益な情報を伝えることが第一ではありますが、検索エンジンに評価されるためのポイントをおさえる必要がある点に注意が必要です。

SEOはキーワード選定が超重要!選定方法やキーワードの入れ方を紹介

Webライティングで意識したいポイント

「読まれる記事」「ユーザーに役立つ記事」を作成するためには、いくつか気をつけたいポイントがあります。ここからは、Webライティングで意識したい6つのポイントを解説しましょう。

ユーザー目線

Webライティングの目的は、ユーザーに有益な情報を届けることです。そのため、Webライティングでは「ユーザーにとって有益な情報とはなにか?」という視点が必要になります。

その際に役立つのが、ペルソナの設定です。年齢・性別・職業・家族構成・休日の過ごし方など……ユーザーの属性をなるべく具体的に絞り込み、架空の読者(ペルソナ)を設定しましょう。具体的な行動や思考を思い描きながらユーザーが求める情報を想像することで、よりユーザー目線の記事を作成できるようになります。

ペルソナとは?ターゲットとの違いや設定するメリット・作成方法

記事のゴール

「商品の購入」「◯◯の正しい知識を与える」など、Webライティングには必ずゴールがあります。Webライティングをマーケティングに役立てるためには、記事としてのゴールを明確にすることが大切です。

上記の例でいうと、「商品の購入」と「知識を与える」では、記事作成のアプローチが異なります。たとえば、商品購入に誘導したい場合は、商品のスペックや特徴を魅力的に伝えるような文章が必要です。一方、正しい知識を与えることを目的とするのであれば、専門家監修をつけるなどして情報の質を担保するのも手段のひとつです。

このように、最終的なゴールが異なれば、記事を作成する際に気をつけたいポイントも異なってきます。まずはWebサイト制作の目的を整理し、記事としてのゴールを洗い出してみましょう。

文章の型

文章には、ある程度の型があります。「文章をどう書きはじめたらよいかわからない」という方は、次のような文章の型を覚えておくとよいでしょう。

SDS

SDS法では、次の順番で文章を作成します。

  1. Summary(全体の概要)
  2. Details(詳細の説明)
  3. Summary(全体のまとめ)

同じテーマを繰り返し解説することで、情報を素早く伝えられます。

PREP

PREP法では、次の順番で文章を作成します。

  1. Point(結論)
  2. Reason(理由)
  3. Example(具体的な例)
  4. Point(再度結論)

はじめに結論を伝えることで、ユーザーが欲しい答えを素早く与えつつ、途中に理由や具体例を挟むことで結論を強化できる点がメリットです。

箇条書きや表の活用

実際のところ、Webページをじっくり読み込むユーザーはそれほど多くありません。スキマ時間に記事をチェックする人も多いため、流し読みでも情報が頭に入ってくるよう工夫するとよいでしょう。

たとえば、SDS法とPREP法について解説する以下の文章は、AよりもBの方が流し読みでも情報が頭に入ってきやすいはずです。

【A】

SDS法は、「Summary(要点)」「Details(詳細)」「Summary(要点)」の順に文章を書く方法です。一方、PREP法は「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(実例・具体例)」「Point(結論)」の順で文章を書く方法です。

【B】

SDS法とPREP法では、それぞれ以下の順に文章を書きます。

SDS

  • Summary(要点)
  • Details(詳細)
  • Summary(要点)

PREP

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(実例・具体例)
  • Point(結論)

このように箇条書きを活用すると、情報をわかりやすくまとめられます。また、表やグラフなどを活用するのもおすすめです。文章だけでは目がすべるため、画像を適宜挿入するのもよいでしょう。ただし、コラムやエッセイ、インタビュー記事などは、文章をじっくり読み込むユーザーも多いでしょう。文章の読みやすさを担保することは第一にしつつも、箇条書きや表を適切に活用するのがおすすめです。

文章の読みやすさ

Webの文章には、文章の読みやすさが大事です。漢字とひらがなを適切に使い分ける、行間や余白を挿入するなどが挙げられるでしょう。

基本的なライティングルール

基本的なライティングルールをおさえると、文章が読みやすくなります。

たとえば、「歩いたり」などの「~たり」は単独で用いずに「歩いたり、走ったり」といったように2つ続けて用いるといったルールは確実におさえておきましょう。

また、「落ち着いた感じ」「フランクな感じ」など文章のトンマナ(トーン&マナー)を意識したり、一文の長さは最大40〜60文字程度におさえたりすると、読みやすい文章に仕上がります。

Webライティングにおける注意点

Webライティングを行う際は、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • まずは構成から作成する
  • 正しい情報・最新の情報を発信する
  • 著作権を侵害しない

一つひとつ見ていきましょう。

まずは構成から作成する

いきなり文章を書きはじめるのは、なかなかハードルが高いものです。また、思いついた内容から書いていくと、話の流れがあっちにいったり、こっちにいったりと、読みにくい記事に仕上がってしまいます。まずは話の流れを俯瞰的に見て、記事の構成(骨組み)を作成してから文章を作成するようにしましょう。

正しい情報・最新の情報を発信する

Webメディアで誤った情報を発信してしまうと、自社のブランドイメージが損なわれかねません。

また、常に最新の情報を発信するよう心掛けることも大切です。古い情報が残ったままだとWebサイトの評価も下がってしまうので、定期的に内容を見直しましょう。とくに、国の制度や法律が関係する場合は、改正に合わせて情報を更新することが重要です。

著作権を侵害しない

Webライティングを行う際は、ほかのWebサイトの情報を参照する場合も多いでしょう。ただし、その場合は著作権を侵害しないよう注意が必要です。他のサイトの内容を引用する際は、引用部分を明確にし、出どころをきちんと明記しましょう。

まとめ

Webライティングとは、インターネット上に掲載する文章を作成することです。情報発信や採用活動、商品のPRなど、Webライティングには必ず目指すべきゴールがあります。ユーザー目線を意識しながら、記事を制作する目的(ゴール)を達成できるような文章を作成しましょう。なお、SEOライティングを行う場合は、SEOに関する専門的な知識を持つSEOの専門家に相談するのもおすすめです。自社サイトのSEO施策を強化するなら、「アイオイクス 株式会社」までご相談ください。

これまで数多くの企業のコンテンツ作成・SEOコンサルティングに取り組んできた弊社なら、貴社のWebサイトにおける課題や改善策を的確に導きだすことが可能です。

  • Facebook
  • X
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE
  • URLをコピー
    URLをコピーしました!

編集者情報

  • X
  • Facebook

アイオイクス SEO Japan編集部

2002年設立から、20年以上に渡りSEOサービスを展開。支援会社は延べ2,000社を超える。SEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社。日本初のSEO情報サイトであるSEO Japanを通じて、日本におけるSEOの普及に大きく貢献。

メディアTOPに戻る

RECRUIT

一緒に働く人が大事な今の時代だからこそ、実力のある会社で力をつけてほしい。
自分を成長させたい人、新しいチャレンジが好きな人は、いつでも歓迎します。