相互リンクとは?意味・SEOの効果ペナルティリスクを解説

最終更新日:2024/03/29

マーケティングガイド

【メールマガジンのご案内】

SEOに役立つ記事の更新やセミナーのご案内をメールマガジンで行っております。
ぜひご登録ください。

メールマガジンに登録する>>

相互リンクとは異なる2つのWebサイトが相互にリンクしあっている状態のこと

以前は、お互いに被リンクを得ることで、互いにページランクを高め合うことができるといわれていましたが、低コストでSEO効果が得られた時代に仕組みを悪用された結果、現在はGoogleが「ランキング操作を目的とした相互リンク」をペナルティの対象とみなすと宣言されています。

相互リンクを適切に行えば、SEOに良い効果が期待できますが、関連性が低ければ検索順位の下落につながり、Googleガイドラインに違反するとペナルティを受けてインデックス削除される可能性があります。

その結果、検索流入が減少し、コンバージョンも減少するため、Webからの売り上げ向上が期待できません。適切な相互リンクを構築するために、相互リンクの基礎を理解し、適切なリンク構築を行うことが重要です。

参考:SEOとは? 企業が実施するSEOの目的・内容とメリット・デメリット

相互リンクのSEO効果とペナルティリスク

相互リンクにはいくつかのSEO効果があります。関連性がある場合、SEO効果が期待できます。

例えば、関連性がある記事同士でリンクし合うことにより、ユーザーに利便性を高める良質なリンクが評価され、検索順位が上がりやすくなります。

しかし、サイトのテーマと関連性の無いサイトとひたすら相互リンクしたり、相互リンク集ページを作ることは、Googleウェブマスター向けガイドラインに違反します。

そうなれば、Googleからペナルティを課される可能性が高まり、検索順位が下がったり、インデックス削除されることになります。したがって、関連性がある相互リンクを適切に行うことが重要です。

関連キーワード

関連記事

  • Facebook
  • X
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE
  • URLをコピー
    URLをコピーしました!

編集者情報

  • X
  • Facebook

アイオイクス SEO Japan編集部

2002年設立から、20年以上に渡りSEOサービスを展開。支援会社は延べ2,000社を超える。SEO/CRO(コンバージョン最適化)を強みとするWebコンサルティング会社。日本初のSEO情報サイトであるSEO Japanを通じて、日本におけるSEOの普及に大きく貢献。

メディアTOPに戻る

RECRUIT

一緒に働く人が大事な今の時代だからこそ、実力のある会社で力をつけてほしい。
自分を成長させたい人、新しいチャレンジが好きな人は、いつでも歓迎します。